旦那のいびきで今日も眠れない!ピタッといびきを止める方法は?

旦那のいびきでノイローゼ気味に…

 

 

 

はじめまして。

 

私は旦那のいびきに悩む300代の主婦です。

 

このサイトに来られたということは、あなたも同じような悩みを持ってらっしゃるのかもしれませんね。

 

まず最初にちょっとだけ私の体験を聞いてください。

 

 

 

 

 

私は20代の後半に今の旦那と結婚しました。

 

前から旦那のいびきがうるさいことは知っていたのですが、当時は同じベッドで寝ていても

 

それほど気にも止めず、私も普通に眠れていたんですね。

 

しかし、結婚後ほとんど毎日旦那の大いびきを聞いているうちに、

 

段々眠れなくなってきてしまったんです。

 

 

 

最初のうちは(そのうち慣れるだろう)と思ってましたし、旦那にも特に何も言わず我慢していた私。

 

しかし、慣れるどころかいびきが気になって眠れない状態は徐々に悪化し、

 

いびきの音に過敏に目を覚ますようになってしまったんです。

 

 

 

たまらず旦那にも相談しましたが、それほど重要に受け止めてもらえず、

 

適当に「ごめんごめん、気を付けるよ」だけで済まされて、結局何も改善しません。

 

私の寝不足は日増しに深刻になっていきました。

 

 

 

 

 

 

そして、寝不足に合わせて精神的にも不安定になり、すぐにイライラしたり、

 

泣いたりするようにもなりました。

 

いつもは何とも思わない旦那の言動が勘に触ってすぐに喧嘩になったり、

 

(旦那が不倫しているんじゃないか?)とか根拠もない不安に襲われるようになったり…。

 

仕事場でも眠気が取れなくて急に意識が無くなったり、ミスで怒られることも増えました。

 

振り返ってみると、本当に病気ですよね。

 

 

 

 

 

私は親の勧めで仕事を休み、一旦実家に帰ることになりました。

 

そこで数日間、ぐっすり眠り、久々に冷静さを取り戻した私。

 

ここでようやく私は全ての元凶が旦那のいびきにあることを思い出したのです。

 

 

 

相談したのに真面目に治そうとしてくれなかった旦那にはちょっと腹が立ちましたが、

 

(こんなことで離婚するのも…)と考えた私は、家に帰ってからいびきを気にせず眠る方法を

 

探してみることにしました。

 

 

 

当サイトでは私が実際に試したいびきを気にせず眠る方法や旦那のいびきを治す方法を

 

ご紹介します。

 

私のようにいびきで眠れずに困っている人は是非参考にしてみてください。

 

 

旦那のいびきを気にせず眠るには?

 

 

 

まず最初に私が考えたのは「寝る時になるべく旦那のいびきが聞こえないようにする」

 

ことでした。

 

これなら旦那も普通に眠れるし、私がちょっと対策すれば済むからです。

 

この方法には2つあります。

 

 

別々の部屋で寝る

 

 

 

1つは別々の寝室で寝る方法です。

 

理恵袋などを見ても、大体このアドバイスが書かれていますし、

 

まぁこれは誰でもすぐに思いつく方法ですよね。

 

実はこれ、ノイローゼになる前から試したことがあったんです。

 

 

 

私の家はマンションで部屋数自体が多くなく、しょうがなくリビングで眠ることにしたんですが、

 

残念ながら余裕で旦那のいびきが聞こえてきました…。

 

リビングのソファは眠りにくいし、いびきで結局眠れないし最悪の結果になってしまいました。

 

 

 

2階建てとかの大きな家に住んでいるならともかく、マンションに住んでいる場合、

 

この対策はだけではなかなかいびきの音を防ぐのは難しいと思います。

 

 

耳栓をする

 

 

 

もう1つの方法は耳栓をすることです。

 

耳栓はドラッグストアやホームセンター、ネットなどで購入できます。

 

100均でも探せばあるかもしれませんね。

 

 

 

私は数百円の耳栓を購入して試してみましたが、確かにいびきはわずかに聞こえるだけで

 

気にならないレベルになりました。

 

…ですが、今度は自分の身体の音がうるさく、どうにも落ち着きません。

 

調べてみると、耳栓をすると自分の血流の音が骨伝導で聞こえてくる現象で、

 

私のように気になる人は一定数いるようです。

 

私の場合、以前のノイローゼ気味になった経験から過敏になっているというのもありそうですが…。

 

 

 

しかし、そういった自分の音が気にならない人にとっては耳栓はいびき対策に良いアイテムに

 

なるのかもしれません。

 

旦那のいびきは危険なサインかも?

 

 

 

寝る部屋を分ける、耳栓をするといういびきを気にしなくて済む対策が上手くいかなかった私。

 

こうなったら旦那のいびき自体を止めてもらうしかないかなぁと色々調べていたんですが、

 

そんな時ある事実を知ることになったんです。

 

 

 

それはいびきをかいている人もあんまり眠れていないということ。

 

つまり旦那も自覚がないまま寝不足になっているというんです。

 

これが続くと、身体がなんとなくだるかったり、眠気が取れないというような症状が出てくるそう。

 

いびきは周りの人間だけでなく、本人にとっても良くないことなんですね。

 

 

 

でも本人はいびきをかいていることに自覚がないですし、何度言っても「たかがいびきで…」と

 

そこまで深刻に捉えてくれません。

 

そこで私はスマホアプリの「いびきラボ」で旦那のいびきを録音し、本人に聞かせてみることにしたんです。

 

 

 

いびきラボで測定した結果、やはり旦那のいびきは大音量レベル

 

それを見てようやく自分が相当大きないびきをかいていることに気づいた旦那は、

 

私と一緒にいびき対策をしてくれることに乗り気になったんです。

 

 

 

旦那に限らず、いびきをかいている本人は自分のいびきの深刻さに気付いていないことが多いようです。

 

いびきを録音し、いびきの影響を教えることで、本人に事の重大さを知ってもらうことが

 

いびき解決の第一歩になるかもしれませんね。

 

旦那のいびきを止めるには?

 

 

 

旦那のびきを夫婦で克服することになった我が家。

 

私は改めていびきを止める方法を探し、自分たちでできる方法をさやってみることにしました。

 

ここでは、そんな家でできるいびき改善法をいびきの原因と共にご紹介したいと思います。

 

 

いびきと肥満の関係

 

 

 

いびきって空気が漏れ出る音だって知ってますか?

 

人は常に呼吸をしていますが、普通人の呼吸音って相当近づかないと聞こえないですよね。

 

しかし、気道が何らかの理由で狭まってしまうと呼吸して空気が通るたびに音が漏れ出してしまうんです。

 

窓がわずかに開いていると、隙間風で大きな音がしたりしますが、あれと同じ仕組みですね。

 

 

 

では気道が狭まってしまう理由は何?ってことですが、一番のよくある原因は肥満だと言われています。

 

起きている時は下に垂れてて気にならない脂肪でも、横になると気道を塞いでしまうことがあるんです。

 

確かに太ったおじさんがいびきをかくイメージはありますよね。

 

 

 

でも外見的に太っていなくても、身体の内側に脂肪がついている場合もあり、

 

見た目だけでは肥満が原因じゃないという判断はなかなか難しいようです。

 

 

 

また、肥満以外にも

 

  • 気道や舌の筋肉が落ちている
  • あごが小さい
  • 舌が大きい

 

というような特徴を持った人はいびきをかきやすいそうです。

 

 

肥満には地道なダイエット!

 

 

 

気道を塞いでしまう脂肪を取るには、やはり地道にダイエットをするしかありません。

 

私の旦那はそれほど太っている方ではなく、これまでカロリー管理などしたことがなかったですが、

 

食事はカロリーに気を遣うようになりました。

 

 

 

ただ、あまりに炭水化物や肉などを制限しすぎるとやっぱり続きません。

 

ですから、献立はそれほど大きく変えず、先に野菜サラダを食べてもらう方法を取ることに。

 

このように先に野菜を食べることで、野菜でお腹が膨れてメイン料理を食べる量が減るのに加え、

 

先に食べる野菜の方が優先して吸収されるようになるんです。

 

 

 

旦那はこれまでダイエットなど考えたこともなかったようで、

 

最初は嫌々野菜サラダを食べていましたが、次第に慣れてむしろ野菜好きになりました(笑)

 

今では喜んで最初の野菜を食べてくれています。

 

 

 

しかし、このダイエットは改善までに長い時間がかかるというデメリットもあります。

 

そもそも身体には痩せる順番というものが決まっていて、顔や首周辺が痩せるのはかなり後なんです。

 

旦那が運動をあまりしないこともあって、体重は微妙に減っていますが本当に亀の歩みですね…。

 

 

あいうべ体操

 

 

 

肥満以外で、あごが小さいなどの特徴によっていびきが出やすい人は、

 

睡眠中に舌が気道を塞いでしまうことがいびきの原因です。

 

このような場合、舌の筋肉を鍛え睡眠中も気道に入り込まないようにすることがいびきの改善方法となります。

 

 

 

舌を鍛える方法はいくつかありますが、ここでは代表的なトレーニング「あいうべ体操」というものを紹介しますね。

 

これは「あ・い・う・べ」と発音する時の口にするという、誰でもできるトレーニングで、

 

舌を鍛えると同時に口を閉じて鼻呼吸をするためのトレーニングでもあります。

 

 

  • 口を大きく広げて「あ」
  • 口をよこに広げて「い」
  • 唇を突き出して「う」
  • 舌を下に大きく突き出して「べ」

 

これを1セットとして1日30回行います。

 

舌を鍛える場合は特に「べ」が重要そうですね。

 

↓の動画も参考にしてみてください。

 

 

 

いびきが出やすい仰向け寝と口呼吸

 

 

上では肥満が一番の原因と書きましたが、太っている人が全員いびきをかくか?というと、

 

そんなことはありません。

 

太っていてもいびきをかく人、かかない人がいるのは、眠っている姿勢や呼吸法に違うから。

 

最もいびきをかきやすいのは仰向けで寝て、口呼吸をしている人です。

 

 

 

まず寝る姿勢ですが、仰向けだとどうしてもあごが下がって喉を圧迫する形になりますよね?

 

これで気道がふさがり、いびきが出やすくなってしまうんです。

 

仰向けで寝る習慣がある人は、横向きに寝ることでいびきが改善できるかもしれません。

 

 

 

一方の口呼吸ですが、そもそもいびきはほとんどが口から発せられるもの。

 

寝ている時に鼻呼吸している人は、気道が塞がることによるいびきは出ないんです。

 

(鼻いびきというのもありますが、これは鼻づまりが原因です。)

 

いびきが出ないだけで、気道はふさがってる可能性はありますし、その場合ダイエットは必須ですが…。

 

とにかく、いびきだけで考えるのであれば口呼吸から鼻呼吸に変えるというのも効果的ではありますね。

 

 

横向き寝ができる枕に変える

 

 

 

これまで仰向けに寝ていた人が、急に横向きに寝るって難しくないですか?

 

私も仰向けで寝るタイプなんですが、横向きで寝ようと思うとなんか変な感じがしますし、

 

起きる頃には自然に仰向けになっていたりします。

 

それは旦那も同じで「横向きで寝ると良いんだって」と教えたところ、最初は横向きで寝るんですが、

 

いつの間にか仰向けになっていびきをかくので、夜中に私が横向き姿勢に直さなきゃいけないことになりました…。

 

 

 

何か良い物はないかと探したところ、横向き用の枕が良いという情報を発見!

 

3,000円くらいの横向き用枕を購入しました。

 

しかし、ケチって安い枕を買ったためか旦那には全く効果がなく、横向き用枕で普通に仰向けで寝てました…。

 

もうちょっと高い横向き用枕を買えば効果があったのかもしれませんが、効果があるかどうか分からないのに

 

1万円以上出すのはちょっと勇気が要りますよね。

 

 

 

ただ、枕が高すぎたりして気道を圧迫していびきが出る場合もあるらしいので、その時は枕を変えればいびきに

 

大きな効果が持てるかもしれません。

 

 

鼻呼吸に矯正するテープを試す

 

 

 

一方の口呼吸から鼻呼吸に変える、というのも、自然に変えるのはなかなか難しいものですよね。

 

ちょうどそんな時、CMで見たのが小林製薬の「ナイトミン」という鼻呼吸用テープです。

 

 

ナイトミン 鼻呼吸テープ 15枚【楽天24】【あす楽対応】[小林製薬 いびき対策]

 

 

 

早速ネットで調べたところ、いびきに効果があったというレビューもあり、さっそく購入してみました。

 

これは口にバンドエイドのようなテープを貼ることで、口が開くのを防ぎ鼻呼吸を促すというもの。

 

 

 

ですが、結果から言えばこれも旦那には合いませんでした。

 

旦那は意地でも口呼吸がしたいのか、テープを無意識にはぎ取ってしまっていたんです。

 

本人も相当息苦しかったみたいで、1回使っただけで使わなくなってしまいました。

 

 

疲れやストレスでいびきが激しくなる!?

 

 

 

肥満やあごが小さいなどいびきが出やすい身体をしていなくても、いびきをかく場合があります。

 

この場合のいびきは疲れやストレスが原因になっている可能性が高いかもしれません。

 

疲れやストレスが溜まった状態だと、いつもは睡眠中でも働いている舌の筋肉や気道内の筋肉が

 

弛緩し、気道を塞いでしまうことがあるからです。

 

 

 

舌や気道の筋肉が弛緩するのは、身体をもっと休ませたいという脳の命令から来るものなのですが、

 

上でも書いた通り、いびきをかいている状態では余計に疲れが取りにくくなります。

 

本来、疲れ・ストレスによるいびきは一時的なものですが、毎日ハードワークが続くような人であれば

 

疲れがいびきを生み、いびきが疲れを残してしまうという悪い循環になってしまう可能性もあります。

 

 

食事で疲労回復を助ける

 

 

 

睡眠は疲労回復の一番の方法ですが、もしそれが上手く機能しないのであれば、

 

食事によって疲労回復を助けてあげるしかありません。

 

疲労回復に良い食べ物としてイメージがあるのは、甘い物ではないでしょうか?

 

しかし、甘い物は摂りすぎると逆に疲労感を感じてしまう原因にもなります。

 

 

 

そこでおすすめなのが、ビタミンB群を積極的に摂取すること。

 

ビタミンB群は豚肉、レバー、納豆などに含まれるもので、疲労回復の他にもストレス解消にも効果があると

 

言われています。

 

しかも、ビタミンB1は糖質を分解しエネルギーに変えてくれる効果もあるため、甘い物で疲労回復する場合、

 

一緒に食べることで効果を発揮します。

 

他にもご飯などの炭水化物もエネルギー不足には効果的です。

 

 

 

ただ、糖質も炭水化物もダイエットにとっては摂りすぎ禁物なんですよね…。

 

原因が肥満にあるとか、疲労・ストレスにあるとかはっきり分かっている場合は良いですが、そうでない場合、

 

疲労回復・ストレス解消を優先するか、ダイエットを優先するか悩ましいところです。

 

しかも疲労・ストレスはあるのかどうかは本人にしか分からないのも厄介ですね…。

 

いびきの3原因全てをサポートするのはサプリメント!

 

 

 

ここまで色々と試してきましたが、時間がかかることだったり

 

いまいち効果がでなかったりと失敗続きだった我が家のいびき対策。

 

もちろん、ここまで紹介した方法で上手くいびきが改善されている人もいるんですが、

 

旦那には合わなかったんですね。

 

 

 

そんな旦那のいびきに初めて効果があったのが

 

「いぶきの実」といういびきサプリメントでした。

 

 

 



 

 

 

これはいびきサプリメントの中でも特に評価が高いサプリで、1016人に行ったモニター調査で、

 

91.3%の人が効果を実感しているすごいサプリです!

 

 

 

いびきサプリにはほぼすべての商品に「コエンザイムQ10」という成分が含まれています。

 

コエンザイムQ10には

 

  • 脂肪を燃焼しやすくし、ダイエットの効果を増やす
  • 気道や舌の筋肉をスムーズに動かし、気道がふさがるのを防ぐ

 

という2つの効果があり、肥満が原因の場合や寝姿勢・呼吸法が原因の場合に効果的です。

 

 

 

でも「いぶきの実」はそれだけじゃありません。

 

ギャバやラフマエキスが配合されていることで、疲れやストレス解消が原因の場合にも有効なんです。

 

つまり、上で書いた3つの原因に全てアプローチしてくれるサプリなんですね。

 

 

 

 

 

飲むだけで色んな原因のいびきが軽減できるサプリということで、旦那にも負担が少ないし、

 

(これはいいかも!)と思った私。

 

ただ、それまでに色々といびきグッズを購入しては失敗していた経験から、期待する反面、不安もありました。

 

 

 

実際、飲み始めてすぐはいつも通りいびきをかいていたので(やっぱり今回もダメか…)と思ったんですが、

 

飲み始めて3週間くらい経った頃から数日続けていびきがない日が出てきたんです。

 

私は久々に朝までぐっすり眠れましたし、旦那も測定アプリを見て喜んでましたね。

 

その後も日によっていびきがある日もありますが、頻度は大きく減っていき、

 

飲み始めて3か月経った今では、いびきで悩んでいたのがウソのように毎日平穏な夜を過ごせています。

 

 

 

 

 

 

もちろん、サプリなので効果には個人差もあると思いますが、色々ないびきグッズを試したけどダメだった人は

 

試してみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

初回は2,490円で購入できますし、10日間の返金保証もついていますので、割と気軽に購入できると思います。

 

(購入は定期便のみですが、初回購入以降はいつでも解約できますよ。)

 

 

 

あなたの家にも早く平穏で静かな夜が来ることをお祈り申し上げます。